2015年5月1日金曜日

あの頃はまだ女子(ポーチの中身編)


GWの合間から、こんにちは。

ちょっとお先に宣伝させて下さい。

なんにもの最新刊の電子書籍版が出ました↓↓↓

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』4巻

電子書籍派の方、ぜひ読んでいただければと思います。

よろしくお願い致します。







ここ最近、メイク用品はポーチの中に入れています。





洗面台の引き出しの中に


無印の透明ボックスに入れたり、

倉敷意匠のメイクボックスに入れたり、

色々やっていたんですが、

更なる省スペース化を目指した結果、こうなりました。

(倉敷意匠のメイクボックスは、

現在赤ちゃん用品を収納するのに活躍しています)







ちなみにポーチの隣のボトルは、

シャンプーと

ボディソープ兼メイク落としのマジックソープ。

メイクしていない日はお湯だけで洗ってます。

最近、髪の調子がいいのでコンディショナーは使ってません。

時短でシャワーを浴びなければならない日々が続いているので

手間が省けてちょうどいいです。












こちらのポーチにはメイク用具を。




ファンデ

チーク

チークブラシ

アイブロウペンシル

が入ってます。

外出中化粧直しが必要になりそうな時は、

このポーチをそのままポンっとバッグに入れます。




化粧品に疎い私は、

ファンデやチークなどは大学の時に何となく買ったメーカーのものを

未だにずーっと買い続けてます。


開拓する気力もないし(我ながら枯れているな…)、

買い物する時にあちこちお店に行かなくて済むようにと、

出来る限り同じメーカーで揃えています。









そしてこっちのポーチには、

外出時に持ち歩かないものを入れています。




クリーム

ヘアオイル

下地

爪切り

眉バサミ

毛抜き

くし

が入ってます。

泊まりで出かける時は、

これらのポーチ2つをそのままバッグにポンです。







そういや前は何持ってたんだっけ?と

『なんにもない部屋の暮らしかた』を読み返してみたら、

以前はヘアゴム、ヘアピン、マニキュア、除光液なんかも持っていたんですね。

捨てちゃうと本当記憶からも消えるから、何持ってたかすぐ忘れちゃうよ。

はぁ〜そのころはまだちゃんと女子だったな〜。

もうすぐサンダルに素足の季節。

またペディキュアのひとつやふたつやりたいもんですが、

どうしようかな。

物増やしたくないな。







顔と身体兼用で使っているクリームは

赤ちゃんも一緒に使えるという物を勧められて使ってみてます。

エブリシングバームから浮気中です。










爪切りはご存知SUWADAの爪切りです。




この前長年使っていた爪切りが壊れたので買ってみました。

ずっと気になってはいたものの

不器用な私に使いこなせるか不安で買わずにいたのですが、


結論。

なんとかなりました。綺麗に切れます。

親不孝者なのでささくれが出来やすいのですが、

すっと切れていいです。

あ、勿論爪もパスンっと切れます。

私の爪は非常に不格好な形で、

手も特別小さい訳ではないのでSかLで迷ったんですが、


Sで大丈夫でした。








櫛は無印のもの。





ずっと理想の櫛を探していて、一度見つけて、

頑張って良いつげ櫛を買ったんですが、

どうやら外出先で落としてしまったらしく、紛失。

それ以来ショックのあまり買い直していません。

また機会があれば買いたいとは思ってますが、

ダメージが強すぎて強すぎて。






それにしても、

こういうメイク用品やケア用品って、

気を抜くとどんどん増えてしまうんですよね。

なので私は毎日使ったら

すぐポーチに仕舞わないで、一旦テーブルの上に並べます。

そうすると必然的に使用頻度の低いアイテムは、

毎回ポーチの中にぽつんと残っている。

“本当はなくてもいいもの”が見えてくる瞬間です。

頻繁に続けば、処分の対象になります。








それともう一つ毎日やっていることが

それはメイクをする度、メイク用品を磨くこと。

私が使っているファンデやチークのケースは真っ黒なので、

指紋やら汚れやらがやたらと目立つ。

それが恥ずかしくて始めた習慣です。

汚れている状態でメイクしても、テンションは上がらないし…。

なので毎回使ったら、カバーの内側、鏡、外側を

軽くさっと拭くようにしています。

とても面倒臭く聞こえそうですが、

毎回やっていれば大した汚れも付かず、ほんの数秒で終わります。

もう何年もやっている習慣なので、最近は無意識にやれています。

自分しか見ない物なので完璧に自己満足の世界ですが、

だからこそキレイにしておきたいなぁと。

汚れてきたら

「あぁ最近私余裕がないかも…」と気付くバロメーターでもあります。


幾度となく行われる不要品チェック作戦で

ギリギリのところを踏ん張っているメイク用品が、

マスカラとビューラー。

普段はあまり使わないので洗面台の引き出しで待機中。







というか前に一度捨てたんですが、

友人の結婚式でめかしこむ為に買い直して


それ以来持ってます。


毎日は使わないのでたまに捨てたくなるのですが、

年に何回かめかしこみたくなる時期があるので、

一応とってます。







夫のおばあちゃんに作ってもらった古布手ぬぐいの巾着には、

化粧品や歯ブラシなどのストックを入れてます。








中川政七商店のロゴが可愛い缶には

綿棒を入れてます。

元は飴が入ってました

耳かき棒派だったらもっとスッキリ出来るのになと思うものの、

小さい頃から綿棒派なので、

硬い棒を耳に突っ込むことに恐怖を感じてしまい、


いつまで経っても綿棒です。





↓↓↓2015年2月28日に新刊発売しました↓↓↓

■『わたしのウチには、なんにもない。』の4巻。























↓↓↓電子書籍版のコミックエッセイも出ました↓↓↓

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』2巻


【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』3巻


【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』4巻




■『わたしのウチには、なんにもない。』の1巻。
■『わたしのウチには、なんにもない。』の3巻。
『わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた』 

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋の暮らしかた』

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋のもの選び』



2015年4月15日水曜日

残念ながら今のところしていません。

春ですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


私は元気です。


子どもが可愛すぎて口角が上がりっぱなしです。


私にもちゃんと母性はあったようです。


夫に至ってはもうメロメロすぎて大変です。


普通、母親の私が書くべきであろう育児日記を


夫自ら書き始めるほどメロメロのご様子。


仕事から帰ってくると深夜にも関わらず、


一人リビングで書いているようです。


ちょっと前に見せてもらったら


“グルーミングをし始めました”との文字。


残念、惜しい。


“クーイング”です。


残念ながら今のところ毛繕いはしていません。






さてさて、最近増えたお掃除道具。


立った状態でぞうきんがけが出来るワイプ。





新生児から使えるだっこ紐のおかげで、


大体の家事は出来るようになりましたが


ぞうきんがけはさすがに無理(当たり前)。


子どもが寝ている隙にやろうと思うと、


子どもに必要以上に「寝ろ〜寝ろ〜」と念を送ってしまいそうになるので


だっこしたまま出来るように買ってみました。


しばらくの間お世話になります。


まだ使い始めですが、結構いいかも。


ただ、クイックルドライシートを付けての掃除は


私にはちょっとやりにくかったので、ぞうきんがけ専用になりそうです。


どっちにも使いやすかったら、ワイプは1つで済んだんだけどなぁ。






それからダイソンのお布団クリーナーも。




定位置はレンタルしているベビーベッドの下。


なんてったって、うち、猫が4匹もいるんでね…。


大人だけの時はあんまり気にしてなかったけど


赤ちゃんがいるとなると、かなり気を使います。


ちなみにぽっけが一番子どものそばにいます。


くるりはだいぶ慣れてきたけど、まだ少し苦手みたい。


ゆうは基本無視。


うたは興味本位で近づいて、モロー反射に驚いてダッシュで逃げること多数。


でもまぁなんやかんやでうまくやってます。






↓↓↓2015年2月28日に新刊発売しました↓↓↓

■『わたしのウチには、なんにもない。』の4巻。

























↓↓↓電子書籍版のコミックエッセイも出ました↓↓↓

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』2巻

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』3巻




■『わたしのウチには、なんにもない。』の1巻。
■『わたしのウチには、なんにもない。』の3巻。
『わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた』 

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋の暮らしかた』

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋のもの選び』


2015年2月25日水曜日

〜ご報告がありまして〜

毎度おなじみ恐怖の殺風景館からお送りしております、

なんにもないぶろぐでございます。

この場をお借りして、一つご報告がありましてブログ更新です。

我が家に子どもが誕生致しました。

男の子です。

元気です。

泣き顔が古田新太氏に似ています。




出産予定日ギリギリまで4巻の執筆作業だったので、

今回は本当に本当に本当にヒヤヒヤしました。

でも空気を読む母親想いの子どものようで

原稿をあげたあと生まれてきてくれました。

ありがとう、息子。

つわりのせいで荒んで、盗んだバイクで走り出したくなりながら書いた

『なんにもない部屋のもの選び』、

腹の中からは激しい胎動、腹の上からはくるりのだっこ攻撃で荒んで、

夜の校舎窓ガラス壊してまわりたくなりながら描いた

『わたしのウチには〜』の4巻、

臨月のぞうきん掛けが効いたのか、

安産祈願で毎日やった水回りの掃除が効いたのか、

初産にも関わらず、すぽーーーーんと生まれて助産師さん達が動揺していたのも、

全部終わってみればどれもいい思い出です(白目)。




さぁさぁあの殺風景館が、子どもの登場によりどう変化するのか

さすがに色味は増すだろうし、物も増えるだろう。

現に今少しずつ増えてはいます。

でもその分、私の物は減ってます。

うーん、乞うご期待!







↓↓↓2015年2月28日に新刊発売。↓↓↓

■『わたしのウチには、なんにもない。』の4巻。
























※丸善&ジュンク堂書店さんでは購入者特典ペーパーを配布しています。

でも全ての店舗が配布している訳ではないと思うので、

お近くの店舗にお問い合わせください。





↓↓↓電子書籍版のコミックエッセイも出ました↓↓↓

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』2巻

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』3巻




■『わたしのウチには、なんにもない。』の1巻。
■『わたしのウチには、なんにもない。』の3巻。
『わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた』 

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋の暮らしかた』

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋のもの選び』







2015年1月31日土曜日

2月28日に『わたしのウチには、なんにもない。』4巻が出るよ!

どうもどうもでございます。

お久しぶりでございます。

来たる2月28日に

『わたしのウチには、なんにもない。』の4巻が発売になります。

『わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・』
↑予約受付中です↑

(1〜3巻も度々重版がかかっております。

読んで下さった皆様、本当にありがとうございます。)




今回の4巻は祖母の遺品整理についてです。

遺品整理って色々ありますよね。

今までの本の中やブログの中では簡単に語りきれないと思っていたので、

敢えて触れずにいたんですが、

ぶっちゃけてしまうと、

うちの祖母はいわゆる普通の『おばあちゃん』って感じではない人で、

祖母と母、そして祖母と孫である私は

関わり方も普通の家とは少し違った感じだったんですよ。

でも家の片付けを通して少しずつ変化していって。

4巻では、そんな背景も正直に描いてみました。

遺品整理は、故人との関係性がどうしても影響するものだと分かったからです。

いい意味でも悪い意味でも色々な思い出や感情があると、

一筋縄ではいかない。

今回我が家も、

祖母の遺品整理を通して心の整理をしている気がします。






それからがらっと話が変わるんですけど、

我が家の新入りアイドルうたさん。




すっかり大きくなった今日この頃。

脚の大手術が待っているはずだったんですが

なんと!なんとなんとなんと!!!

案外きれいに治ったみたいで、手術しなくても大丈夫になったんです。

わーい!わーい!

動物病院の先生の処置が素晴らしかったんだろうな。

下手したら片足切断かもとまで言われていたので、本当に嬉しい限り。



あと全然関係ないけど、くるりの写真。

仕事中、なんか視線感じんなーと思ってふと目を横にやったら、こっち見てた。

怖いよね。

ずっと見てるよ…


※本やブログの感想などのメールは全てありがたく読ませていただいています。

諸事情により長い間返信をストップしているので返信出来ず…

本当に申し訳ありません…!






↓↓↓2015年2月28日に新刊が出ます。↓↓↓

■『わたしのウチには、なんにもない。』の4巻。
※予約受付中です






















↓↓↓電子書籍版のコミックエッセイも出ました↓↓↓

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』2巻

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』3巻




■『わたしのウチには、なんにもない。』の1巻。
■『わたしのウチには、なんにもない。』の3巻。
『わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた』 

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋の暮らしかた』

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋のもの選び』


2014年10月31日金曜日

【祝】『わたしのウチには〜』シリーズ20万部突破!

わ!

わ!!

わ!!!

前回のブログ、8月だって…!

すみません、更新しなさすぎました。

さてさて、

KADOKAWAエンターブレインさんから出している

『わたしのウチには、なんにもない。』の1〜3巻のシリーズ累計が

20万部突破だそうです!!!!

読んで下さった皆様ありがとうございます!!!!

メディアファクトリーさんから出している2冊も好調で、

あぁもう本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

それだけ私の変態的な生態が読まれているということだと思うと

生きていくのが恥ずかしくもなりますが、

共感してくださる方もいるので、心を強くもって生きていこうと思います。




あと、この夏〜秋にかけて色々な雑誌に漫画を描かせていただいていました。

『サンキュ!』さん、『With』さん、『Anecan』さん、

『クロワッサン』さん、『PHPくらしラク〜る』さんetc…。

え!私なんかの漫画が載って読者の方引かない?と心配することも

多々ありましたが、楽しかったです。

お声をかけて下さった編集者の皆様、ありがとうございます。

また、読んで下さった方、たまたま読んじゃった方、ありがとうございます。

冬にかけて、あともう少し何冊か雑誌に漫画が掲載される予定なんですが、

ていうか今絶賛作画中のものもあるんですが、

まだ告知は早いので、この辺にしておきます。

と、そういって告知しそびれることが最近多発してます。

ごめんなさい。

本当ごめんなさい。

反省しています。

見かけたら「あ!」と思って下さい。



あとあと、

本を読んで下さった方やブログを見て下さっている方からの

メールも全てありがたく読ませていただいています。

諸事情により長い間返信をストップしているので

返信出来ず心苦しくありますが、

本当に嬉しいです。決して無視しているわけではないのです!!!

日頃家の仕事部屋にこもって、たった一人黙々と漫画を描いているのでね…。

本当一人っきりなので、たまに寂しくて発狂しそうになって

思わず友達に電話しそうになったりしてね。

でも平日の日中なんて皆仕事だしね。

たまたま休みの友達見つけたら

「電話で話しするより会った方良くない?」っていって

出かけちゃって仕事中断しちゃうからね。

だから隣で寝てるくるりとぽっけに話しかけて

寂しさを紛らわせようとしたりしてるんだけど、

下手に起こすと原稿の邪魔をしにくるので、注意が必要なんですわ。



いや、そんなことはいいとして、

「読んだよ!」とか言ってもらえると、それだけで元気100倍。

海外の方からもメールをいただくようになったりしたんですが、

こういう時、学校で英語をしっかり学ばなかったことを

激しく後悔するんですな。

高校時代の私よ。

漫画ばっか描いたり読んだりしてないで

ちゃんと英語の授業を受けなさい。

殺し屋1なんて大人になってからでも読めるんだから

英単語の一つでも覚えなさい。

そして今私のブログを読んでいる学生の諸君。

こんなくだらないブログを読んでいる暇があったら

英語の教科書を10回ぐらい読みましょう。

高校2年ぐらいで英語から見放された女からの、

涙ながらのアドバイスです。




さてさて、新刊の本格作業が始まりました。

発売はまだまだ先ですが。

4巻か…凄いな…とか思いながらやってます。

来月は私も29歳。

30歳まであっという間だろうし、

もう少し(いやかなり)しっかりしたいと思っているのですが、

なかなかね。

多分一生このままだらりと生き続けるのかと思うとぞっとするけど、

家族や友人、編集さんなど周りの人に助けられて生き延びてますわ。

感謝。


↓↓↓8月1日に新刊が出ました〜。↓↓↓

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋のもの選び』←NEW!






↓↓↓電子書籍版のコミックエッセイも出ました↓↓↓


【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』2巻

【電子書籍版】『わたしのウチには、なんにもない。』3巻




■『わたしのウチには、なんにもない。』の1巻。
■『わたしのウチには、なんにもない。』の3巻。
『わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた』 

■文章+イラストの本。
『なんにもない部屋の暮らしかた』